西島悠也の今日の敵は明日の友について

西島悠也の友人学

西島悠也|今日の敵は明日の友

 

今日の敵は明日の友という言葉があるように、
スポーツの世界、ビジネスの世界、何に置いても今日敵であった人間は友になることが多いです。

 

もちろん敵であった時期については、お互いを実力を認め合っているからこそ啀み合い、罵りあい時には争いになることもあるであろう。

 

しかし、一度争いを起こしお互いの実力を出し切った後に出てくるものは、お互いを認めること。
すなわち分かりあうことなのである。
なぜ、そのような立場になったのか、今までどのような考えで生きてきたのか。
相手のバックボーンを知ることで相手の本質を知ることができるのである。

 

しかし、それはお互い本気でぶつかりあうことができなければ、
そこに至ることはできない。
本気でぶつかったからこそ、相手に自分をさらけ出すことができ、
相手もそのことによって自分に相手自身をさらけ出してくれるのである。

 

お互いがお互いをさらけ出すことで、自分に足りないもの、もしくは相手に足りないものなどが浮き出てきて、それがお互いの成長に結びつくのである。

 

そうすることができれば、敵だった相手も友人(味方)に自然となっていくだろう。